バストアップサプリは薬と併用してもいいの?

MENU

薬を服用している人は要注意!

薬を服用している場合、体調が健康な状態ではないことが多いですね。バストアップサプリはただでさえ、副作用のリスクがあるサプリになりますので、薬を飲んでいる方は思わぬ悪影響が起こる可能性もあるのです。

 

ピルを服用している方

何らかの病気で、あるいは生理を調整する目的で、あるいは避妊のため・・・といった理由で、ピルを服用している女性は少なくありません。「病気ではないけれど飲んでいる」という方も多い薬なので、サプリのような感覚になってしまっている方もいるでしょう。ですが、このピルを服用している方に関しても、バストアップサプリの服用は危険です。

 

なぜなら、ホルモンバランスを整える作用のあるピルと、エストロゲンをサポートする作用のあるバストアップサプリを併用すると、エストロゲンが過剰になるリスクが高くなるためです。その結果、様々な副作用が出てきます。

  • イライラ
  • 吐き気
  • 生理不順
  • 倦怠感
  • 貧血
  • 不妊症

 

精神面にも健康面でも影響が懸念されるので、併用は避け、もしどうしてもバストアップサプリを飲みたいなら、ピルを一時中断するなど、医師とよく相談しながら取り入れていきましょう。

バストアップサプリと風邪薬の併用

持病などが無くても、風邪をひいてしまった時に一時的に風邪薬を服用することもあるでしょう。そのような場合のバストアップサプリですが、これは医薬品同士の併用に比べれば、危険性は低いと言えます。

 

ただし、やはりメーカーによって成分は違ってきますので、「絶対に大丈夫」とは言い切れません。もし不安であれば、医師や薬剤師に相談するようにしてください。それから、併用する場合には、風邪薬とバストアップサプリを飲む時間は1時間程度の間隔をあけるようにしましょう。

その他の薬との併用

バストアップサプリは医薬品ではなく「サプリ」であり、健康食品に分類されるものなので、基本的には薬と併用して大きな問題が起こるものではありません。ただ、他のサプリ類に比べると副作用の懸念が強いものですので、やはり併用する際には注意が必要です。

 

何よりも、このサプリはホルモンバランスに影響を与え、健康な体でも頭痛や倦怠感等の副作用を起こす可能性があるものです。体調が優れない時に摂取することで、こういった副作用が強く現れる可能性もありますので、薬が必要な体調の時は、摂取を控えた方が安心であると言えますね。

バストアップサプリTOPへ




関連ページ

20歳以下は要注意!
胸を大きくしたいと考えているのは、成人女性だけではありませんよね。中には、「まだ10代だけどペチャパイで悩んでいる」という女の子もいるでしょう。中高生くらいになれば、バストアップサプリに興味を持つ方も出てきます。
ホルモンバランスが乱れている時はダメ!
女性のホルモンバランスというのは非常にデリケートで、様々な要因により乱れてしまいがちです。大きくバランスを崩している時にプエラリア・ミリフィカを配合したサプリを摂取すると、これが原因で体調に異変をきたしてしまう恐れもありますので、注意しなければなりません。
アレルギー体質の方はしっかり確認を!
食品アレルギーに悩まされる方が増えていますね。このアレルギーは、時として命に関わるような重篤な症状を引き起こしますので、注意が必要です。バストアップサプリを摂取する際にも、よく成分を確認して、アレルギーを起こす可能性がある方は摂取しないようにしましょう。