バストアップサプリの副作用にはどんなものがあるの?

MENU

短期的・長期的な副作用

バストアップサプリを検討する際、多くの女性が気になってしまうポイントと言えば、副作用の有無ですよね。結論から言えば、バストアップサプリの多くは、正しく摂取しなければ副作用の懸念があります。では、具体的にはどういった副作用が考えられるのでしょうか?

 

短期的な副作用

バストアップサプリを摂取することで起こる副作用としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 頭痛
  • 貧血
  • 肌荒れ
  • 倦怠感
  • 生理不順

これらはいずれも、女性ホルモンのバランスを崩してしまうことにより起こる一時的な症状です。バストアップサプリは女性ホルモンに働きかけることにより、豊かなバストを目指すものですので、分泌が過剰になりバランスが乱れてしまった時などに、これらの症状が起こります。

 

また、このような症状に関しては、バストアップサプリだけでなく、胸に直接塗布するタイプのジェルでも起こる可能性があります。プエラリアの成分を配合してあるジェルの場合にも、何かしらの不調が現れた場合には、ジェルの使用が原因である可能性を考慮して、使用を中止した方が良いでしょう。

 

大抵はサプリやジェルを中止することで改善されますが、あまりにもひどい症状であったり、生理のリズムが改善されないといった場合には、婦人科などで相談してみるようにしましょう。

長期的な副作用

バストアップサプリの副作用で、特に注意すべきなのは長期的な副作用でしょう。長い期間、間違えた飲み方を続けていたり、体に合わないものを摂取していると、不妊などの副作用が起こるリスクがあります。

 

例えば短期的な副作用で生理不順が挙げられますが、これが起こっているのに、何も対策せずにバストアップサプリを継続してしまうと、妊娠しにくくなりますね。生理は妊娠するために必要不可欠な体のリズムですから、これを乱してしまっているのであれば、バストアップサプリの使い方を見直さなければなりません。

 

また、未成年の頃からバストアップサプリを始めることで、自分で女性ホルモンを分泌させる機能が衰え、将来妊娠しにくくなるということも考えられます。

きちんと使えば大丈夫!

短期的で、それほど心配のない副作用だけでなく、将来にまで影響を与えてしまうような長期的な副作用も考えられるということを知ると、不安になる方もいらっしゃるでしょう。ですが、これはあくまでも、正しい方法を守ることができていない場合に起こりうる症状です。

 

きちんと用法・用量を守って摂取し、何かしらの異常を感じた時にはすぐに使用を中止すること。医師に相談すること。これらを守っていれば、将来の不妊に繋がるようなことは、ほぼ無いと考えて大丈夫でしょう。

バストアップサプリTOPへ




関連ページ

バストアップサプリの発がん性とは?
発がん性があると耳にすると、誰もができる限り避けたいという気持ちになりますよね。実はバストアップサプリに関しても、発がん性についてのリスクが噂されています。では、本当にバストアップサプリを摂取することで、がんを誘発してしまようなことはあるのでしょうか?
脂肪が付きやすくなる!?
バストアップサプリは胸を大きくすることを目的としたものですが、この胸という部分は、大半が脂肪でできています。そのため、これを摂取することで胸以外にも余分な脂肪を付けてしまうこともあり得るので、注意が必要です。