バストアップサプリを飲むと太ってしまうの?

MENU

脂肪が付きやすくなる!?

バストアップサプリは胸を大きくすることを目的としたものですが、この胸という部分は、大半が脂肪でできています。そのため、これを摂取することで胸以外にも余分な脂肪を付けてしまうこともあり得るので、注意が必要です。

 

女性ホルモンが脂肪に関係!

なぜバストアップサプリが太ってしまう要素を持っているのかと言うと、実は女性ホルモンと脂肪は、大きく関係しているからです。女性の体は男性に比べると、脂肪が多く丸みを帯びていますよね。そんな女性らしい体型をもたらすのが、女性ホルモンです。

 

そのため、女性ホルモンに働きかける作用があるバストアップサプリを摂取することで、どうしても脂肪が付きやすく、丸みのある体になりやすいというデメリットがあるのです。

エストロゲンの2つの影響に注目!

バストアップサプリの多くに配合されているプエラリアミリフィカは、女性ホルモンのうちのエストロゲンをサポートする働きをします。そして、このエストロゲンは、女性の体型に対して主に2つの影響を与えています。

  • 脂肪を増やして丸みのある体型にする・・・太る原因
  • 満腹ホルモン「レプチン」の量を保つ・・・食べ過ぎの防止、内臓脂肪を燃やす

つまり、エストロゲンが持つ働きを詳しく見てみると、これは多すぎても少なすぎても太る原因になってしまうということが分かります。このことから、必ずしもバストアップサプリを飲むことが太ることに繋がるとは言い切れないのです。

食事に気を付けながら摂取を!

バストアップサプリで太らないためには、注意すべき点があります。

  • 過剰に摂取しないこと:エストロゲンが過剰になり過ぎると太ります。
  • 食事のバランスに気を付けること:低カロリーで栄養バランスの良い食生活をしながらサプリを取り入れるとキレイにバストアップできます。
  • 運動をすること:適度に体を動かしてストレス発散することは、ダイエットにもバストアップにも効果的です。
  • ダイエット面に配慮したサプリを選ぶこと:ダイエットサポート成分配合のものなら、メリハリボディを目指すことができます。

バストアップサプリで太る可能性はゼロではありませんが、普段、体型維持のために気を付けていることを実践しながら取り入れれば、そんなに大きなリスクにはならないと言えますね。

バストアップサプリTOPへ




関連ページ

短期的・長期的な副作用
バストアップサプリを検討する際、多くの女性が気になってしまうポイントと言えば、副作用の有無ですよね。結論から言えば、バストアップサプリの多くは、正しく摂取しなければ副作用の懸念があります。では、具体的にはどういった副作用が考えられるのでしょうか?
バストアップサプリの発がん性とは?
発がん性があると耳にすると、誰もができる限り避けたいという気持ちになりますよね。実はバストアップサプリに関しても、発がん性についてのリスクが噂されています。では、本当にバストアップサプリを摂取することで、がんを誘発してしまようなことはあるのでしょうか?