バストアップサプリの卒業方法は?

MENU

どんな風に卒業したらいいの?

バストアップサプリを卒業する際には、何も考えずにスパッとやめてしまうのは得策ではありません。少し胸が大きくなったからと、いきなりやめてしまうと、すぐに元通りに萎んでしまうこともあるのです。これでは、せっかくの努力が水の泡ですね。

 

バストアップサプリのやめ時

バストアップサプリは、胸が大きくなったからと言っていきなりやめてしまうと、あっという間に元通りになる可能性があります。そのため、やめ時をきちんと判断する必要があります。

 

バストアップサプリにより胸が大きくなる過程は、

成分により女性ホルモンが増加→女性ホルモンが乳腺を刺激→乳腺が発達→乳腺脂肪が増加

という順序で進んでいきます。

 

乳腺が発達し始めた時点で、胸にはハリを感じるようになりますが、この状態でサプリをやめてしまうと、萎んでしまう可能性が高いのです。卒業後も維持するためには、胸の脂肪も増えた状態にならなければなりません。胸に脂肪が定着し、簡単には元に戻らない状態になった時こそが、本当のやめ時なのですね。

やめ時の判断方法

では、やめ時を判断するにはどうすれば良いのでしょうか?その答えは、触れてみると分かります。

  • バストが硬く張っている時・・・乳腺が発達している段階
  • バストがふんわり柔らかくなった時・・・乳腺脂肪が増加した状態

触り心地の変化で、バストが今、どのような状態なのかをある程度判断できます。変化を感じ始めても、まだ固くしこりがあるような状態の時は、継続していきましょう。ふんわり感を感じられるようになったら、卒業も間近ということになります。

 

しこりができて、徐々に大きくなるという子供の頃に経験した胸の発達をイメージすると、分かりやすいですね。

不安ならフェードアウトして!

バストに乳腺脂肪が定着し、ふんわりとした触り心地になっても、「また元通りになってしまうのではないか」と不安な方もいらっしゃるでしょう。どうしても不安で、スパッとやめることができないという場合には、少しずつフェードアウトしていく方法もあります。

 

例えば飲む量が1日2粒だったのであれば、1日1粒に減らしてみる、といった方法ですね。徐々に体を慣らしてくことで、ホルモンバランスが急激に乱れるのを防ぐこともできますので、こうすることで副作用なども起こりにくくなります。

 

1カ月くらい量を減らして様子をチェックし、特に胸が小さくなることもなく、体調も安定しているようであれば、そこで完全に卒業してみると良いでしょう。

バストアップサプリTOPへ




関連ページ

バストアップサプリは卒業が必要
バストアップサプリに含まれるプエラリアミリフィカは、それを凝縮して作られたサプリの場合、気を付けて摂取しなければ副作用などの懸念が出てきます。そのため、ある程度満足できる結果が得られたら、バストアップサプリは卒業することが必要になるのです。
卒業のためにはどうしたらいい?
バストアップサプリは、健康系のサプリなどとは、少し違った性質を持っています。そのため、始める時から「卒業」を意識しておくことが大切です。卒業してからも、理想のスタイルを維持できるように、飲み始めたその日から、工夫をしていきましょう。
卒業後の注意点
いよいよバストが理想のサイズを達成し、バストアップサプリを卒業するとなると、その後はサプリに頼らない「バストの維持」が必要になります。サプリなしでも美しいバストを維持するためには、生活習慣の中でちょっとしたことに気を付けていかなければなりません。